無料で古紙回収したあとの需要と供給について

無料で古紙回収してくれる業者の作業の流れとは

無料で古紙回収してくれる業者の作業の流れとは 業者による無料の古紙回収の流れは、しっかりマニュアル化されており、できる限りトラブルが起きないように、スムーズに作業が流れるようになっています。とある業者の回収の流れは、古紙回収については自分で持ち込む直接搬入の方法と、無料で古紙回収をする方法があります。直接搬入については、搬入時間は主に業者が開いている時間であり、自分で搬入するだけあって融通も利きやすいです。しかし、多くの人は無料の古紙回収を依頼することが多いため、ある程度の制限を設けて事前に打ち合わせを行います。どのくらいの古紙回収量があるのか、週に何回回収に伺ったらいいのかなどがあります。無料で古紙回収を依頼してくる企業のなかには、毎日回収しにいかないと追いつかないような企業もあるため、いつでも誰にでも回収することができないのです。

最低限、これくらいの古紙をためて回収依頼をしてくださいという規定がある方が、回収スケジュールも組みやすくなります。もし、量が規定に達しない、もしくはそこまでためるのは無理だという場合は、直接搬入するか、自治体の古紙回収ステーションを利用しましょう。業者も人件費やガソリン代、車両の維持費を自己負担しながら無料回収を行っているため、希望者全員にというわけにはいきません。気持ち的にはそうしたい思いがあっても、スケジュール的にも難しいようです。

紙の1枚1枚はとても軽いのですが、古紙回収を依頼するくらいなので、相当な量であり、重さがあります。回収業者は専用車両を使って回収します。だいたいは車両の後ろの部分に大量の荷物が乗せられるようなタイプの車両であり、パワーゲート付きの荷台がほとんどです。回収した古紙を台車などで運んだ際に後部からすぐに荷台に乗せることができるようになっています。このようにして集められた古紙は、業者に一旦持ち帰られ、一時的に保管する場所に移動させます。毎日のように大量の古紙が搬入されるので、先に搬入されたものから処分するためにです。

古紙の多くはビニールひもなどで束ねられているため、これらを手作業もしくはひも取り専用の機械ではずしていきます。持ち運びに便利なビニールひもですが、リサイクルをする場合は必要ないからです。ひも取りをしながら、目視によるチェックも同時に行われます。これは、古紙でない物が混ざっている場合、それらを取り除くためです。その後、古紙の種類別にプレスを使って梱包され、製紙メーカーに出荷する流れです。このときに、製紙メーカーから得られる収入が業者の運転資金となっています。古紙回収が無料でできるのは、この費用があるからこそです。

お知らせ

  • [2021年04月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2021年04月01日]
    運営者情報を追加しました。